京都市中京区麩屋町通・御所南 器と切子ガラスのお店「結」

――陶芸を始めたきっかけは?

「建築」という言葉が持つ“かっこよさ”に惹かれて、高校卒業後、大学の建築・環境デザイン学科に進学しました。そこでは1回生のころから建築関連だけでなく、いろいろなデザインや造形を実習するカリキュラムがあって、その中に陶芸もあったんです。

高校時代はずっと美術の時間が好きだったし、手を動かして何か物を作るのは得意でしたが、陶芸はまったく初めての経験。それまでは特に興味はなかったのに、やってみてすぐに虜(とりこ)になってしまいました。

そこで3回生になって専門コースを選ぶとき、クラフトデザインコースに進み、本格的に陶芸と取り組み始めました。

――陶芸の魅力って何でしょう

 使ってみて初めてよさがわかる、という点ではないでしょうか。私自身、口当たりの良さとか、持ちやすさとか、実際に使う道具であることを忘れないように心がけて制作しています。使った上で、この人の器を買ってよかったとか、料理が映えたなどと思ってもらえたら嬉しい。「この器はこんな用途に使うもの」とか決めずに自由に使ってもらいたいです。

 ――ご趣味は?

 陶芸以外では、料理やパン作りが好きです。手芸もちょっとやりますし。
料理中に「こんな器がほしいな」とひらめいたり、結局ぜんぶ陶芸につながっているかもしれません。

――作品作りでこだわっていることは?

人とは少し違う色とか模様とか、自分ならではの装飾性を出せればと心がけています。でも実際には、なかなか思い描いた通りに完成させるのは難しい。ちょっと違うなあ、でもこれでいいのかなと、迷いながら制作しているのが現状です。展覧会などでお客様の反応を見て、こんなのがいいんだとか、これは意外と評判がよくなかったなとか、手ごたえを感じながら模索している感じです。自分が売れると思うものと、実際に売れるものは違っていたりして、まだ読めないですね。

――ご自分の作品の特徴は何だと思いますか?

作品を見た人からはよく「かわいい」と言われます。それがちょっといやで、もっと大人びた渋いものを作りたいと思っていた時期もありました。でも最近は、それが自分の個性で、よさなんだと思えるようになって、「かわいいでいいか」と思うようになってきました。

制作を続けて自分の「立ち姿」を探したい

結HOME▼


器は、使って初めて、よさがわかるもの
はしもと さちえ

a

Hashimoto Sachie

1976年 大阪府に生まれる
2001年 大阪産業大学大学院 環境デザイン専攻修了

2006年 大阪府枚方市に工房設立
2006年 金沢わん・One大賞 入選
      めし碗グランプリ 入選

2008年 朝日現代クラフト展 入選
      個展・グループ展など多数出展

――もうその時には、プロでやっていこうと考えていましたか?

そのころはまだ、陶芸を一生の仕事にしようとは考えていませんでした。いずれ結婚して子どもができたら、近所の人たちを集めて陶芸教室でもできたらいいかな、ぐらいの考えでした。
でも大学から大学院に進み、さらに卒業してからも、アルバイトをしながらずっと陶作を続けてきました。とにかく作るのが楽しかったんです。

そんな感じで続けてきて、結婚した今も家庭との両立を図りながら、家で制作を続けています。

主人は大学が一緒で、建築家として同じように家で仕事をしているので、すごく理解があって助かります。

――好きな作家さんは?

ルーシー・リーが好きで、よく作品集を眺めたりしています。彼女の作品の形や色味、器の存在感など、洗練されたたたずまいは、私が近づこうと思っても、なかなか近づけない・・・。もっと年数を重ねないと出てこない、独自の「立ち姿」なんでしょうね。

――今後の目標は?

家庭も大切にしつつ、制作を続けていきたいです。お婆ちゃんになっても、自分なりのペースで陶芸を続けていけたらと思っています。展示会も積極的にやっていきたいですね。今は関西が中心ですが、少しずつ関東圏にも進出していきたいです。また子どもがもう少し大きくなったら一度、陶芸を体験してもらって、「ママはこんな仕事しているんだ」って分かってほしいです。

企画・取材・原稿・撮影:アドバンスクリエイト株式会社
ご依頼・ご相談はこちら

建築をこころざし、陶芸に出会う
≫作家一覧へ

淡い色合いや、柔らかなフォルムが魅力のはしもと さちえさんの作品。ご自宅の1階にある工房で、子育てをしながら陶芸に励んでおられます。イギリスで活躍した陶芸家 ルーシー・リー(19021995)が大好きだとおっしゃる、はしもとさんに、陶芸との出会いや今後の目標などをうかがいました。

≫はしもとさちえさんの器はこちら

≫webshopはこちら